自分の取り組み

April 20, 2009

【協働取組みを考える】メーカーの強さ、流通業の強さ

こんにちは、木元しんいちです。

流通業とメーカーの協働取組みの話をします。なぜ、手を組む必要があるのか?そんな基本的な話から、進めます。

メーカーは不器用な生き物です。研究開発や商品開発、製造はしますが、お客さんと出会うことは出来ません。その役割は、流通業にお願いします。自己完結できません(だから不器用です)。メーカーの強さは2つ、絶対的な弱さを1つ。

  • 【強さ】
  • ①全体的な(あくまでも全体的な)生活者のウォンツを知って、新たな価値を創造
  • ②生活者の役に立つ、具体的な商品やサービスを実体として製造
  • 【弱さ】
  • ①生活者の生活カバー力の弱さ。キューピーは、単なるマヨネーズ供給者

流通業も負けじと不器用な生き物です。自分たちでは商品も価値も生み出せません。その役割はメーカーにお願いします。生活者に仕入れて提案するだけです。

  • 【強さ】
  • ①お客さんの生活カバー領域が広いです。ドラッグストアでさえ、病気対処・予防、健康維持、美容、生活関連、食関連の領域をカバーしますし、GMSならより広く
  • ②圧倒的な集客力。これは力!
  • 【弱さ】
  • ①価値を作れません。モノも作れません。時に商品を知らないこともあり、商品に強い思いもありません(PBは価値でしょうか?しっかりと考えないといけません)

メーカーと流通業は、多くの場合、利害が正面衝突します。トレードオフの関係です。しかし、その役割が違うから手を組むことが大事だってことも言えるのです。対立関係にもあるし、補完関係にもあるってことです。

★宣伝★CM★ マーケティング研究協会主催。木元しんいちが講師をやります!

「成功する協働取組の実践法」セミナー

Pap_0002

吉野家の出射孝次郎社長。

牛丼を見る目が愛情に満ちています。ここはもちろん、製造販売一貫です。食券販売機は置きません。ポリシーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2008

食品スーパー、フレスタ(広島)にて講演

先週の動き。

9月12日(金)には、広島で創業120周年の食品スーパー、フレスタさまにて講演の機会をいただきました。かなりの数のメーカーさんの賛同を得て、研究会が継続して開催されています。

かなり広い講演会場で、私も少しばかり緊張気味です。タイトルは「資生堂の顧客対応~チームMDの成果、その先にあるもの」とさせていただき、資生堂のお客さま対応の考え方をご案内させていただきました。

講演終了後、ひとりの方が感想を。「いやぁ~、感動しました。よかったですよ!」と有難いお言葉。心からほっとしました。

P1040226

ご参加のみなさま、ご清聴ありがとうございました

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 06, 2008

昨日より、第2回仕事の学校がスタート!

今年も「仕事の学校」が、スタートしました。

今年は、前日のミーティングに参加できず、当日より参加しました。準備も万端、昨年よりスタッフ力もパワーアップしています。今年の参加は、22名。男女半々というベスト・バランスです。

今年の隠れたテーマは、「高校生たちの力を100%信じきろう!」ってことで、昨年以上に進行に工夫をし、大人たちの関わりや介入を出来るだけ“小さく”しています。

答えもない、教えてもくれない。でも、仕事ってそもそも、そんなもんですthink 結局は自分で自分なりの答えを見つけながら、試行錯誤していくもんですし。

  ■仕事の学校HP〔毎日のレポート〕⇒ ここをクリック

Continue reading "昨日より、第2回仕事の学校がスタート!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2008

第2回 仕事の学校!

さて、中小企業診断士の試験を直前に控えた木元ですcoldsweats01。8月2日および3日、池袋は立教大学にて受験してまいります。前日から池袋のホテルに泊り込み、最後の調整です。

さて、その試験が終わると、翌日の4日からは「仕事の学校」に実行委員として参加します。昨年の埼玉に引き続き、今年は新横浜で開催されます。

私の紹介ということで、仕事体験の受け入れ先として、3社ほどご協力をいただきました。この場を借りまして、心からお礼を申し上げます。

アイワ広告さんid東京小町さんrouge、そしてららぽーと横浜さんfullです。

どちらのお会社も、高校生の受け入れに一所懸命、ご準備いただいているようで、有難いことです。きっと、高校生も素晴らしい体験が出来るに違いありません。そして一生忘れることのない経験になることでしょうgoodflair

今年も楽しみです。仕事の学校の様子は、落ち着いたら、またレポートさせていただきますね。はい♪

Pap_0021_3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 23, 2008

CVS商品開発セミナーにて講演

きもとのブログに、いつもお越しいただきありがとうございます♪happy01

さて、今日は法政大学大学院教授の並木先生「CVS向けヒット商品開発セミナー」の中で、かつての体験報告をさせていただきました。30名ほどのメーカー各社のご担当者様がご参加でした。どなたも終始、ご熱心にお聞き取りいただきhappy02、エネルギーに満ちた素晴らしい時間だったと思います。

並木先生のお話は、いつもながら、エネルギッシュな取材活動にもとづいた新しい事例に満ちています。事実から「CVSの今」を理解できる貴重な機会です。あれだけのお店を訪ねることを考えたらcoldsweats02、それだけでも十分すぎる価値があります。

コンビニを取り巻く環境は厳しいですが、コンビニってこれまでの流通チャネルにないユニークな特性を持っていると思うんです。地域インフラだし、社会インフラです。商圏は半径500mほど、商圏の生活者との関係は近いんですよね。

そう考えると、「ご近所の頼れる存在」として、もっともっと機能できるはず。ご近所駆け込み寺です。またそう考えることで、今の課題である「既存店の活性化」も何とかなるような気がします。そんな風に考えながら、全国の頑張るオーナー様に、これからもよい商品と企画をお届けしたいですね。

私のつたない話にも、セミナー終了後多くの方に名刺交換をいただき、またご質問もたくさんあって、「お伝えしたいこと、何とか伝わったかなぁ」とホッとしました。いつものネタと違う、約5年ほど前の話ですから(正直、少々心配してましたcoldsweats01)。

これからの私にとって、逆に勇気と元気rockimpactをいただいた、とても大事な1日になりました。

素晴らしい機会をいただきました並木先生、マーケティング研究協会様には心から御礼を申し上げます。もちろんご参加の皆さまにも。そして、かつて一緒に取り組んでいただいたL社のW辺さん、S木さん、資生堂のY田さん、M永さん、Y寺さんにも、本当にありがとうscissors

Ca390028

⇒こんなサービスが浸透拡大すれば、競合チャネルは「楽天」です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2008

仕事って何?若い人たちと考える

東京東筑会という福岡県の高校の在京同窓会があります。

東筑高校は、創立110年目?くらいでしょうか。私は77期です。

有名な先輩に、高倉健(俳優)、仰木彬(プロ野球監督:故人)、平野啓一郎(芥川賞作家)などがいます。福岡県でも気性の荒い地域で有名な筑豊に近い場所にある高校です。

7月5日(土)、東京東筑会の若手会員向けに「仕事って何?を考えるセミナー」を開催しました。人生の先輩の仕事観を聴き、質問&ディスカッション。質問では次々と手があがり、若い人たちの関心の高さがうかがえました。

引き続きの懇親会でも、講師にあれやこれや聞いていて、とても有意義な会だったと思います。次回の第2回は、10月18日の予定です。

東京東筑会U30の皆さん、次回も奮って参加ください。お待ちしていますhappy01

Azumi

←講師は住友信託銀行のIさん。素晴らしい準備をありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2008

STEP2

小学生低学年の頃、近くの公民館の屋根にあがって、よく遊んでいた。そして幅1メートルくらい先の別棟に飛び越えることが、男の子の勇気の証だった。助走をするが、怖くてできない。何度も。何日も。「今日こそ、今度こそ!」と思い切り。・・・でも、直前で急ブレーキ。

こんな経験をしっかりと記憶しています。跳び箱も同じだったなぁ。「踏み切る」にはすごく勇気が必要でした。

6月末で資生堂を実質的に退社します。幼いことを思い出して、勇気を出してみました。

この5年くらい何か、もやもやしたものが、ありました。40歳になったとき、今後の人生を考える「リフレッシュ40」という研修を率先して受講しました。40代になり、管理職、グループリーダーにもなって、大きな仕事にもチャレンジし、そこそこの成果もあげたつもりです。

しかし。居心地はいいんですが、居座りが悪いというか。やりがいのある、楽しい仕事をしているのに、それに満足していないというか。このまま会社にいると、自分の可能性を小さくしてしまう気がして。逆に、厳しい環境に自分をおけば、またその環境に適応しようとして必死に頑張る自分がいるように思います。「このままでいいのか。このままで」

四国の遍路道で、こんなことをずっと考えながら、自転車をこいでました。贅沢なものは何もない、でもやさしい人がいて、四季折々の豊かな自然があって精神的な深さと奥行きがある。お遍路とは、私にとってこういうものでした。

そして今、自分の生き方をそれに近づけていきたいと考えています。私はどこから来て、どこに行こうとしているのか。何のために生きてきたのか。これからの命を、どう使うのか。少なくとも、今の延長ではもったいない。死ぬ時に、きっと後悔すると思ったのです。

そして、決断しました。思い切って「踏み切る」ことにしました。スティーブ・ジョブズの言葉も、後押しをしてくれました。10年後になって、今を振り返ったとき、「正しい選択だった。思い切りが必要なときだった」と思えると確信しています。

これからの、私を楽しみにしていてください。いずれ自分の肩幅なりの「学校」を立ち上げるつもりです。多くの方が手伝ってくれそうです。わくわくしています。1メートルの幅を、一度飛んでしまえば、次からは平気♪そんな時が、早く来るといいなぁと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

たまの息抜き。やって来ました、東京ドーム

今朝は朝から、受験勉強でしたので、夕方でひと区切りをつけて

やって来ました!東京ドーム。ロッテ対巨人戦です。さあ、最下位と低迷中のわがロッテ、今日は頼むよ。打てぇ~里崎ぃ~!Pap_0004_2

Continue reading "たまの息抜き。やって来ました、東京ドーム"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2008

今年もやります!仕事の学校♪

【仕事の学校】ホームページ

http://www.shigotonogakkou.net/2008.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大学の先にあるコト。受験の前に学ぶこと

~5泊6日の夏期集中講座~

━━━━━━━━━━━━━━━『仕事の学校』━

「あなたは何の仕事がしたいですか?」
と聞かれることはあっても、
「あなたはどんなふうに仕事をしたいですか?」
と聞いてくれる大人は少ない。

だからこそ、私たちは一緒に考えたいと思っています。
高校生の「夢」と「仕事」と「社会」、
そして、「自分自身」のこと。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【1】仕事の学校とは? | http://www.shigotonogakkou.net/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

仕事の学校は、全国から高校生が集まって、
「仕事」について考える合宿型のセミナーです。
近いようで、遠い「仕事」ってなんだろう。
この夏、仲間と一緒に考えてみませんか?

「仕事の学校」では、職業選択のためのキャリア教育ではなく、
「仕事観」の育成を重視しています。
5泊6日のプログラムの中で、徹底的に「考える」「書く」「話す」「試す」を
繰り返し、自分自身のことや、何を大切にして仕事をしていきたいかについて
考えを深めます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【2】開催概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■日程:2008年8月4日(月)~ 8月9日(土)

■会場:新横浜プリンスホテル
〒222-8533 神奈川県横浜市港北区新横浜3-4
TEL:045-471-1111 FAX:045-471-0303
http://www.princehotels.co.jp/shinyokohama/

■参加費:40,000 円(税込み)
※期間中の食事、宿泊代、プログラム費用の一切を含みます
※実施場所までの交通費および仕事体験先までの交通費は、自己負担です

■主催:仕事の学校 実行委員会(実行委員長 本城慎之介)
http://www.shigotonogakkou.net/committee/index.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【3】募集要項
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■応募対象:高校1~3年生の男女 24 名程度
(1990 年4 月2 日~1993 年4 月1 日生まれの15~18 歳まで)

■応募条件:
・出願者本人が強く参加を希望し、保護者も「仕事の学校」の趣旨に賛同している
・5泊6日の集団生活ができる自信がある
・2回の「仕事体験」を積極的に取り組む自信がある

■応募期間:2008年4月1日~5月31日(※消印有効)

■応募方法:
1 「仕事の学校」ホームページにある「申込書」をダウンロードしてください。
URL: http://www.shigotonogakkou.net/download/entrysheet.pdf
印刷ができない場合は、資料をお送りすることもできます。
お問い合せページからご連絡ください。

2 「申込書」を2008年5月31日(土)(消印有効)までに、
下記住所へ送付してください。

送付先:〒150-0043 渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティーウエスト22 階175
株式会社音別内 「仕事の学校 実行委員会」宛

■選考:応募者多数の場合は、申込書をもとに選考いたします。
選考の合否は、6月6日(金)以降に、随時ご連絡いたします。

-----------------

応援・協力してくださる方もお待ちしています
http://www.shigotonogakkou.net/about/assist.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
仕事の学校 事務局
担当:宇佐見純平/辰巳真理子
〒150-0043 渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティーウエスト22 階175
TEL : 03-5778-5961 FAX : 03-5430-0474
E-Mail : info@shigotonogakkou.net
Website : http://www.shigotonogakkou.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2008

男泣き

私のいる専門店部が主催する講座が、今日、3日間の予定を無事に終えた。

シニア客の多い化粧品専門店さんが対象のセミナーで、昨年の7月に大幅なリニューアルをして、大変好評である。私どもにいただくアンケートには、定量評価項目ももちろんあって、6段階の採点をいただく。大変よかった~よかった~どちらでもない~あまりよくなかった~よくなかったの5段階に加えて、「感動した」という6段階目の項目があるが(厳しい部長でしょう!?)、この講座は、ほとんどの受講者が「感動した」に○印をつけていただける。

そして、受講したお客さまから、他の専門店様へご紹介がある。前回ご受講いただいた札幌のお店さんは、現地支店の毎月の勉強会の時に、前に出て、わざわざ私どもの講座の良さをお知らせいただいたと聞いた。そして今回、札幌からご受講いただいた。本当に有り難い(まさに言葉通り・・)ことだ。

今、とても仕事が楽しい。やりがいを感じている。今日は、閉講のあいさつ中、部長が思わず涙した。前回の講座では、私が最後涙した。そのことを今日、ふたりで笑い合った。毎回、なぜか男達が涙する化粧品販売店さん向けの講座だ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧