« 早稲田大学にて | Main | 男泣き »

January 13, 2008

ラグビー大学選手権 決勝

P1030948 昨日、冷たい雨が降る中、決勝戦が行われた。雨に加えて北風も強く、選手達には厳しい天候。観客席も空席は目立つが、それでも熱心なファンが大勢詰めかけ、39年ぶりの早慶対決を楽しみにしているようだ。

結果は、早稲田の勝利。完勝と言ってもいいだろう。東筑の後輩、中竹監督には心からおめでとうと言いたい。去年の春、放映された「情熱大陸」を今日改めて見直したが、OBからの手厳しい檄(批判?)の中、「大学日本一」という結果を残したことは、大いに評価されていいと思う。前任の清宮監督の後だ、誰だってやりにくい。その中で、彼は一流シンクタンクを辞して、退路を断ち、臨む。こんなリスクの高い選択を誰が好んでするだろうか。そして、敢えて清宮流ではなく、最初から中竹流を打ち出す。

今シーズンの具体的な目標イメージは、「大学選手権決勝を50-0で勝つ」ということだったらしい。そのために何をやればよいかを選手と対話しながら、春~夏~秋と徐々に完成させていく。本当におめでとう。溜まった疲れをゆっくりととって、連覇、常勝に向けてさらに頑張ってほしい。

東筑竜昇会HP

慶應の小田君(東筑)、山田君(小倉)、そしてその他のメンバーにも心からご苦労様と言いたい。久しぶりに競技場に足を運ぶのが楽しいと思えるシーズンだった。1999年、創部100年の日本一(高田組)以来のことだ。黒黄のジャージがフィールドで躍動する姿は、心踊る。特に14番の山田君には、若林の再来を思わせる活躍に、毎試合わくわくさせられた。彼はまだ進路をはっきりさせていないが、私は彼が海外に飛び出すような気がしてならない。彼の目が遠くを見ているような、そんな感じをいつも受けていた。山田君は、日本のラグビーの中では収まらないと思う。ラグビー界のイチローや松井になってほしいと思うのは、期待しすぎか。でも山田君、どうか自分の可能性を大きく開花させるような道を選ぶならば、どうか思い切ってチャレンジしてほしい。ああ、去年の5月3日に日吉グランドに応援に行き、一緒に写真に納まってくれたのが、今となっては夢のようだ。

そして、最後に慶應ラグビーの今後の健闘を祈りたい。また、応援に行きます!

東筑小龍会HP

3may2007hiyoshi019

|

« 早稲田大学にて | Main | 男泣き »

素敵なこと」カテゴリの記事

Comments

氷雨というほど冷たくはなかったけど止まぬ雨に濡れながらバックスタンドで観戦しました。点差より密度の濃い試合でしたね。お互いのフォワードの力のぶつけ合いは興奮させてくれました。スタンドに集まったラグビーファンの大半は最後まで見てましたね。しかし30年以上決勝戦を見ていますが雨になったのは初めてのような気がします。来年からは正面スタンドにしようかな、屋根つきだしね。

Posted by: 還暦チャリダー | January 15, 2008 at 10:58 AM

還暦チャリダーさん。12日は、国立においでになったんですね。私もバックスタンドでしたよ。高校の同窓生と一緒、約30人ほどで観戦していました。最高齢は、同窓会会長で確か71歳のはず。すごいでしょ!
機会がありましたら、今度ご一緒に観戦しましょう。

Posted by: しん | January 16, 2008 at 09:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63093/17683275

Listed below are links to weblogs that reference ラグビー大学選手権 決勝:

« 早稲田大学にて | Main | 男泣き »